vol.4浜崎 美保さん(TOKYO FM「Skyrocket Company」パーソナリティー)

浜崎 美保さん(TOKYO FM「Skyrocket Company」パーソナリティー)
「大学生よ、社会人はもっと楽しいぞ」

TOKYO FM夕方2時間のワイド番組のパーソナリティーとして活躍中です。

渋谷スペイン坂スタジオから、吉本芸人のマンボウやしろさんと毎日(月~木)生放送しています。

同局の人気番組ですよね。それを担当することになった経緯は。

在学中に、FM鹿児島の番組でDJポッキーさんのアシスタントDJをした経験があります。当時、同局が初めて採用した現役大学生パーソナリティーで、プレッシャーはありました。とにかく、がむしゃらに取り組むことで今に至ります。当時から弱音をはくことはなかったです。どんなことが起きても、「まぁどうにかなる」と常にポジティブに思っていました。25歳の時、やっぱり東京で仕事がしたいと上京。1日100円生活の時代もありました。その後、コミュニティーFMの番組を担当しながらしゃべり手としての経験を積み、現在に至ります。

苦労や困難を乗り越えた今、この仕事をやっていて良かったという出来事はありますか。

やはり、リスナーさんからの言葉ですね。「声を聞いて癒されました」「あの話を聞いて元気が出ました」「ラジオが生活の一部です」等々。ラジオというコンテンツはテレビと違い、「皆さん」ではなく、「あなた」に語りかけるもの。なので、人と人とのつながりをより感じる場所だと思います。

今後もラジオで頑張るのですね。

そうです。ラジオでなくてはならない存在になりたいですね。この人の声を聞きたいと求められる存在に。2020年には東京オリンピックがあります。その際も携われるように頑張ります。

そんな浜崎さんの大学時代の思い出を教えてください。

ゼミのメンバーは先生含め、みんなが優しかったです。FMの仕事と学業を両立させていくため、多くを協力していただき、感謝ですね。また、大学でラジオの公開録音イベントができたことも良い思い出です。

大学時代にもっとしておけばよかった、と思うことがありますか。

大学の4年間が最も自由な時間が多い時期だと思います。旅に出ておけば良かったなと。知識、見識が広がりますから。

後輩にひと言お願いします。

大学生よ、社会人はもっと楽しいぞ。頑張って卒業しましょう!