IUK girl

4年後の「自信」につながる学びと経験。 あなたの輝きがアップするキャンパスへようこそ。

自分の強みを、自信を持って話せる。 それは本気でひとつのことに取り組んだから。

失敗も、すばらしい経験だったと思える。 それは、ともに挑戦した仲間がいたから。そして、理想をあきらめなかったから。

そんな未来をつくれるのは、今のあなたです。

鹿児島国際大学は、未来のためのキャンパス。あなたの輝きをアップする多彩な学び。 そして、ともに未来を描ける人たちとの出会いがあります。

わたしたちと一緒に理想の“未来”に会いに行きませんか。

フィールドワーク

発表や意見交換を行う機会も多く コミュニケーション力が身につきました

学内だけでは体験できない経験 地域の経済・福祉・文化を学ぶ

地域と大学を往復しながら、地域の課題を発見し、問題解決能力を養う「フィールドワーク」。鹿児島国際大学は現場での学びを積極的に取り入れています。主体的に行動できる人材を育成するとともに、地域に貢献できる行動力のある学生を育成します。

鹿児島県庁、姶良市、垂水市と連携し、地域活性化につながる施策をマーケティングの観点から検討しています。フィールドワークでは日頃の学びの実践力はもちろん、コミュニケーション力やプレゼンテーション力も鍛えられます。また活動を通して鹿児島の魅力、なかでも“食”の素晴らしさに気づくことができました。卒業後は鹿児島の食文化を支える、食品関係の仕事に就きたいと考えています。

ゼミ

提案や発表の機会が多いゼミ 苦手を克服し、自分に自信が持てました

少人数で身に付ける 専門知識や社会的スキル

高校や専門学校になくて、大学でしか味わえない授業スタイル、それがゼミ。担当の先生が親身にサポートしながら、学生同士も協力し合い主体的に学ぶ場です。鹿児島国際大学ではゼミを通して、社会に羽ばたくチカラ(社会人基礎力)を育むことができます。

ゼミでは鹿児島の歴史・文化について学びながら、地域の課題を発見し、それを解決するための企画や提案を考えます。また行政や地域の方々とともに取り組む課題もあり、貴重な経験がたくさんできました。ゼミは知識を得るだけでなく、社会人として必要なスキルも身につきます。特に私は人見知りな性格を克服。自分に自信が持てました。グループワーク中心で先生やゼミ生同士の仲が良いところも太田ゼミの魅力です。

留学・海外プログラム

短期から中長期まで挑戦しやすい多彩なプログラム

語学はもちろん国際感覚を磨く目的で、留学・海外プログラムを活用する学生が多いのもIUKの特長です。特に語学研修は約3週間と短期ながら、語学・文化に触れられる本学独自のプログラム。最近は韓国が人気です。

韓国の語学研修での一コマ。語学研修には担当教員が同行するので安心。写真は仁川国際空港

キャリアサポート

社会人としての基礎力を身に付け 就職とその先に役立てる

1年次から将来の目標に向けた様々なサポートを行っています。それは就職活動だけに焦点を当てたものではなく、社会で仕事をするための基礎力を養うものです。ただ知識を得るだけでなく、それを活用できる支援を行います。

第一印象はやはり大切。メイクアップ講座やスーツの着こなし講座は1年次からでも受講可能

躍動OG卒業生の過去・現在・未来

IUKを卒業して活躍するOGにインタビュー。彼女たちの過去と現在、そして未来とは。

No.01 HIROMI TABUCHI

挑戦と日々の経験が糧になる

在学中は3年後期から休学してイギリスに1年間留学。卒業後、香港中文大学で中国語(北京語)を半年間学び、マカオ航空に就職。2年間の勤務後、香港航空に転職され、国際線客室乗務員として勤務されています。

「マカオ航空では3カ月間に渡る厳しい訓練を受けた後、国際線客室乗務員として勤務。同僚やお客様のほとんどが中国人で、精神的にも語学的にも成長できた2年間でした。現在勤務中の香港航空は、客室乗務員として勤務する一方で、希望すれば他部署でも働けるなど、社員の個性と能力を大切にする会社。様々な経験を通して人間性を磨けることも醍醐味です。いい表情で飛行機を降りていくお客様を見たときは、嬉しい気持ちになると同時にモチベーションも高まります」

学生時代の経験、さらなる挑戦へー

「大学時代、開発途上国の子どもたちをテーマにした山田晋教授の講義に触発され、東南アジアへ一人旅に行き、フリースクールで日本語教師のボランティアをした経験が忘れられません。そんな子どもたちに関わることができたらいいなと思い、客室乗務員として勤務する傍ら日本語教師の免許取得を考えています。これから大学生になる皆さん、時間に束縛されず、やりたいことをやれるのが大学生の特権です。それを生かして様々なことに挑戦してください」

No.02 RIKA MIYANOHARA

光なきところに光をあてる

KYT鹿児島讀賣テレビの報道部所属。行政担当記者として夕方6時15分からのローカルニュース「KYT news every.かごしま」のニュース原稿や、国政選挙の特別番組での解説などを担当されています。

「報道記者の醍醐味は、知らない世界を知り多くの人に出会えること。そして、声なき声に耳を傾け、光なきところに光をあてられることです。『何のために生かされ生きたのか』。これは、生き残った元特攻隊員の言葉です。戦後70年の節目の年を機に、戦争体験者の方々に話を伺う機会が多くありました。戦争体験者の言葉は重い。当時の記憶を後世に伝えていくことは、メディアの使命だと感じました。当たり前のように毎日が訪れる。こんな幸せなことはありません。何のために生かされたのか。記者としての自分への大きな宿題だと感じています」

苦戦した就職活動。あきらめないことー

「実は、就職活動は上手くいきませんでした。転機は、卒業式で答辞を読んだこと。テレビ局で働きたいという夢を語りました。取材に来ていたKYTの方に声をかけてもらったのがきっかけで、今この仕事に携わることができています。世の中、どうにもならないこともありますが、チャンスはいつ訪れるか分かりません。あきらめずにチャレンジすることで、道は開けるはずです」

No.03 TOMOKO FUKUZAKI

人、そして人生に関わる仕事

卒業と同時に精神保健福祉士と社会福祉士の国家試験に合格し、特定医療法人共助会 三州病院に入職。医療福祉相談室および病棟担当の精神保健福祉士として勤務された後、2017年4月から精神科デイケア・訪問看護に勤務されています。

「障がいをお持ちの方々と一緒に、社会復帰に向けた活動を行い支援しています。デイケアは病気の回復や社会生活の充実を目指すもので、訪問看護はご自宅にお伺いし生活の中での困りごとや不安をお聞きしています。仕事を通してたくさんの出会いがあり、その方が今まで歩んでこられた人生に思いを馳せながら、その人生に私自身も関わらせていただくことに感謝する日々。病気や障がいを持ちながらも活躍している方はたくさんいらっしゃいますし、皆さんから教えていただくことばかりです」

かけがえのない道、その先にー

「私は病気や障がい、生きづらさを持っていても『その人らしく』生活出来るような支援や後押しを一緒にできる、伴走者のような精神保健福祉士になりたい。17歳の私が興味を持ち、進んだ福祉の道はかけがえのない道になりました。たくさん失敗して迷惑をかけ、悔しくて泣くこともありました。でも、これ以上に楽しくて感情が揺さぶられて、人の温かさに触れられる仕事はないと思っています。福祉に興味を持っている方はぜひIUKで、その面白さに触れてみてください」

No.04 ASUMI IIFUKU

『選択』を楽しむ人生

在学中から一般社団法人 鹿児島天文館総合研究所 Ten-Labの活動に関わり、卒業と同時にディレクターとして参画し、現在は事務局長。「出水市の商店街活性化事業」をメインに県内各地で「地域づくり」のサポートをされています。

「出水市では商店街活性化に取り組む地域住民をサポート。空き店舗を改修し、新たなスペースとして運用するなど、様々な取り組みを行っています。新卒からいきなり『地域づくり』の現場に飛び込んだことで、試行錯誤しながら進めていく楽しさもあれば、できないことが多すぎるという苦しさもあります。『私の役目とは何か』を日々問い続けながら、より成長していきたいと思っています」

4年間を誰と過ごすか。これからの生き方ー

「大学4年間を誰と過ごすのか。この人となら夢を語り合える、という仲間を見つけることはひとつのテーマだと思います。私の学生時代を振り返ると、安心して気楽に話ができる先生の存在が大きかったです。また、就職や進路においては、その選択を『一生の選択』と思わないことをおすすめしたいです。これからの時代、同じ場所で働き続ける人もいれば、転職を繰り返す人、あるいは副業・複業を選択する人、生き方は多様化していくと思います。だからこそ、肩の力を抜き、自分で考え選択することを楽しんでもらえたら、と思うのです」

No.05 MARIYA TANIGUCHI

世界を舞台に、さらなる飛躍を

音楽学科声楽コースを2016年3月に卒業し、オーストリアの国立モーツァルテウム音楽大学大学院オペラ科(修士課程)にストレートで合格。2016年秋から、名門といわれるこの大学院でバーバラ・ボニー氏に師事しています。バーバラ氏はアメリカ出身のソプラノ歌手。1979年にドイツ・ダルムシュタット歌劇場でデビュー後、世界的に有名な歌劇場に出演するなど、偉大なソプラノ歌手の一人として世界的に評価され、現在は後進の指導にあたっています。

「私は高校時代、全日本学生音楽コンクール声楽部門高校の部で優勝するなどの実績を評価され、鹿児島国際大学に『HONORS特待生』(4年間授業料免除)として入学しました。世界的なトップ歌手として実績を積んだウーヴェ・ハイルマン教授のもとで、レベルの高い指導を受けてきました。この間、音楽学科主催のオペラ公演『後宮からの逃走』、宗教曲『メサイア』『マタイ受難曲』『天地創造』でソリストを務めるなど、舞台経験を豊富につめたのも本学ならではの魅力。その甲斐あって、『第32回鹿児島新人演奏会』(2016年3月)では最高賞の鹿児島県知事賞を受賞することができました」

恩師であるハイルマン教授は、「バーバラは世界トップクラスの指導者で、だれもが憧れる。実力と将来性を兼ね備えていないと、その門下生になることは夢のまた夢。まりやはグローバルプレーヤーとしての一歩を踏み出した。ぜひ頑張ってほしい」と話しています。

鹿国大SNAP キャンパスで一問一答。彼女たちのリアルに迫る!

No.01
No.02
No.03
No.04
No.05
No.06
No.07
No.08
IUK DAYS

Campus life 大学生活は充実してますか?女子学生に聞きました。

自由だからこそ大切にしたい時間 有意義な学生生活が送れています。

授業やピアノの練習に励む生活。授業の合間に友人たちと会話をする時間も楽しいひと時です。また、大学主催の演奏会や「ピアノの祭典」では演奏だけでなく、資料の作成や宣伝も行います。演奏会の成功を目指し、友人たちと協力しあって検討・準備をすることで、授業だけでは得られないスキルも身につくと感じています。残りの学生生活も、目標を達成している自分を想像しながら、毎日ポジティブに、そして時間を大切に過ごしていきたいです。

学内外で行われる「多彩な演奏会」

学内外で演奏する機会が多いことが本学音楽学科の魅力。「ピアノの祭典」や「吹奏楽演奏会」、「オペラ公演」、「卒業・修了演奏会」など多彩な演奏会があります。私は2017年12月開催の第8回学生定期演奏会にピアノ独奏で出演し、F.ショパン作曲の「華麗なる大ポロネーズ変ホ長調作品22」を演奏しました。

どんなことにも一生懸命になれる学びの環境と素敵な出会いがあります。

英語・欧米文化コースに関する授業だけでなく、英語教員を目標に教職の授業も受講。英語サークルESSではマクマレイ教授のもと、仲間と楽しく英語を学習しています。また、海外へのインターンはもちろん、他大学とディベート大会を共催するなど、充実した大学生活を過ごしています。大学の醍醐味は、興味があることに全力で打ち込めること。多くの学びがある一方で、素敵な出会いもあります。友人たちと過ごす休日も、とても大切な時間です。

シンガポールで「インターンシップ」

言葉の壁や生活習慣の違いなど、日本とは異なる環境での就業体験。私はシンガポールの日系企業でインターンシップをしました。英語力はもちろんコミュニケーション力の向上など、その後の大学生活で高めるべきスキルがハッキリとして、良い経験となりました。

※掲載されている情報は、2018年7月現在のものです

IUK girl